スマート工場化への取り組み

FACTORY IoT

IT化の推進で加速する
SANKOクオリティ

SANKO クオリティ

FACTORY IoT

スマート工場の実現と構築

生産の進捗状況、生産実績時間、工程内不良など様々な情報の見える化で次世代型生産現場を実現

スマート工場の実現と構築

生産現場を支える
先進的なBiツール群

三幸電機では、早くからIoTを活用した生産体制で、生産進捗をリアルタイムに監視。
お客様からの様々なニーズに高品質な対応が可能です。

01

実装部品準備

02

実装工程

HIMESAMA
表面実装生産管理システム

日々の生産計画に基づき、実装前の段取りから実装機の生産開始~終了(着手・完了)までをタブレットに入力。生産計画に対しての進捗が実装機別にリアルタイム且つ視覚的に把握できます。また、実装機別に日々の生産実績、日々の稼働率、作業スタッフ別の段取りスピード率などをデータ化し、実装工程の生産性向上に大きく貢献しています。

表面実装生産管理システム
03

実装検査

KIBAN SYSTEM
工程管理システム
04

手挿入工程

MIZKIKUN
手挿入工程管理システム

段取り作業では、必要な部品や適切なセット位置をタブレットから指示し、的確な段取り作業を実現。
実際の手挿入作業では、複数の作業スタッフによる同時作業においても、それぞれの専用タッチモニターに作業内容を表示させます。加えて生産開始~終了までの作業実績時間を各生産単位でデータ化、作業の効率化を目指し、質の高い作業を実現させています。

MIZKIKUNタブレット
MIZKIKUNモニター
05

目視修正

KIBAN SYSTEM
工程管理システム

工程内で発生した不良は、その内容を紙媒体で記録せず、タブレットを用いて、バーコードスキャンとタップ操作だけで入力できる環境を整えています。これは記録時間の大幅短縮、ペーパレス化に大いに貢献しています。蓄積された不良データは即座に分析され、次の生産にフィードバックされます。

工程管理システム
工程管理システム タブレット
06

手挿入工程検査

07

組立工程

MINOBESAN
組立管理システム

日々の生産指示は、作業スタッフのタブレットに直接指示。作業スタッフはタブレットを見ながら作業を開始。また、使用する基板の照合をタブレットで行い、誤組付け等を事前に防止。さらに作業時間をデータ化し、品質・作業効率の改善に日々活用しています。

MINOBESANタブレット
ミノベサン
MINOBESANモニター
NG品
NG SYSTEM
NG基板管理システム

製造現場で解決できない原因不明な不具合は、NG SYSTEMを通じて解析拠点に自動配信。解析拠点では、即座に送信された詳細な情報をもとに不具合の内容を把握し、製造現場に対応方法を指示。これまでの対応時間を大幅に短縮、品質向上を目的に活用しています。

05 目視修正へ
出荷

設計・開発、部品調達、生産、品質保証、出荷まで一貫してご提供。
高品質で信頼性の高い製品づくりは三幸電機にお任せください。